スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2024年6月 6日 (木)

なでしこジャパン オリンピック代表選考前最後の国際親善試合 スペインでニュージーランドと対戦し2連勝で終了「選考に悩みます」池田監督 4-4-2もテストし手応え

5日=羽田空港 パリオリンピック代表選出前の最後の遠征、国際親善試合をスペイン・ムルシアで行ったサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」が帰国した。2試合ともニュージーランドとの対戦で初戦は2対0、2試合目は先制され後半4点を奪って4-1と逆転。池田太監督は「今までとは違う(選手の)組み合わせやポジションも試した。(選考はいつも同じだが)いろいろなことを想定しながら悩みます」と話し、今遠征で新たにトライしたシステム4-4-2や、いつもとは異なるポジションに選手がチャレンジするなどしたラストテストに手応えを示した。18人に絞る選考に「嬉しい悩み」を明かした。パリ五輪代表の発表は今月下旬に予定され、7月13日に能登半島地震の復興支援マッチ、ガーナとの一戦を「壮行試合」に現地に向かう。

 
[ 前のページ ] [ 次のページ ]

このページの先頭へ

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

カテゴリー

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」