スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2023年10月16日 (月)

28年ロサンゼルス五輪で野球・ソフト、クリケット、ラクロス、スカッシュ、フラッグフットボールの5競技の採用決定「プロアマ最強のメンバーで臨む」全日本野球協会・山中会長

16日=ジャパンスポーツオリンピックスクエア(都内) IOC(国際オリンピック委員会)は、インドで行われた第141回総会第2日の審議で2028年ロサンゼルス五輪の追加競技に同組織委員会から提案された野球・ソフトボール、フラッグフットボール、クリケット、ラクロス、スカッシュの5競技を承認した。この日、全日本野球協会が、ムンバイでの総会で正式決定する瞬間を流した後に山中正竹会長が会見。21年東京五輪では日本が野球・ソフト両競技で金メダルを獲得したが、24年パリ五輪の種目からは漏れたため2大会ぶりの復帰で、フラッグボ―ルとスカッシュは初の実施となる。英連邦諸国で人気が高いクリケットは、五輪では128年ぶりの実施で、北米発祥のラクロスは120年ぶりとなる。フラッグフットボ―ルは、アメリカンフットボールのタックルなど身体的な接触を原則禁止し、腰につけた「フラッグ」を取る競技。スカッシュは初実施となる。追加の団体競技は男女各6チームづつで開催する予定で、山中会長は「予選を勝ち抜くために最善を尽くさなくてはいけない。予選は大変大きな壁だ」と、予選方法などは未定だが厳しさを強調した。

[ 前のページ ] [ 次のページ ]

このページの先頭へ

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

カテゴリー

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」