スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2022年11月 8日 (火)

W杯カタール大会 ケガで離脱の中山に代わり、Jリーグ今季得点ランク2位のFW・町野を招集 「プレーで恩返しを」湘南通じてコメント

日本サッカー協会(JFA)は8日、W杯カタール大会に出場する日本代表)に、FW町野修斗(23=湘南)を招集すると発表した。1日に代表26名を発表したが、DF中山雄太(ハダースフィールド)がその2日後の試合でアキレス腱を負傷。昨年の東京五輪を含め、チームをけん引する一人だったが、W杯出場は欠場する残念な結果となってしまった。森保監督は7日、カタールに向けて出発する際、成田空港で「(中山の)交代は、DFからに限らず考えていく」と、サイドバックである中山のポジションに限らず招集をかけていく方針を示していた。町野はクラブを通じて、「追加招集という形でカタールワールドカップのメンバーに選んでいただきました。日本を代表してカタールの地で闘えることに、誇りと責任を持って行きます。そして、今まで関わってくれたすべての人に感謝しています。プレーで恩返しできたらと思っています。応援よろしくお願いします」とコメントした。町野は今季、Jリーグで得点ランキング2位の13得点をマーク(日本人トップ)。森保監督は会見で初出場が19人、特に攻撃陣にはベテラン不在の選考理由を聞かれ「若い選手の勢いと野心に期待している」と話しており、ポジション別の役目と同じく、チーム活性化をもたらすパワーを選んだのかもしれない。国内の代表選手はあす9日、カタールに向け出発する。

[ 前のページ ] [ 次のページ ]

このページの先頭へ

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

カテゴリー

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」