スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2021年11月17日 (水)

サッカーW杯最終予選 日本代表アウェーでオマーンを1-0で下しグループ2位に浮上 伊東の2試合連続決勝点で3連勝 代表初出場の三苫がチームを活性化

16日=オマーン・マスカット(取材はオンライン) サッカーW杯カタール大会出場をかけて最終予選でグループ3位の日本代表は、16日(日本時間17日午前1時)、今予選初戦で敗れたオマーンと対戦し、伊東純也の2試合連続ゴールで1対0と、難敵のアウェーで勝利を掴んだ。これでオーストラリア戦から3連勝を果たして勝ち点を12に積み上げ、先に中国と引き分けたオーストラリアを抜いてW杯出場圏内の2位に這い上がった。
 オーストラリア、ベトナムと連勝した4-3-3を維持し、累積警告で欠場のボランチ・守田英正に代えてサウジアラビア戦以来の先発となった柴崎岳を起用。負傷からの復帰も予想された酒井宏樹はこの試合も出場せず、山根視来が先発となった。2巡目の初戦、ともに勝ち点3を狙うだけに慎重でリスクのない試合の入りに。日本は、勝利を意識するからか動きが小さく、オマーンが作るブロックにうまく寄せられ、シュートに持ち込めない。長友佑都が左サイドからあげたクロスに伊東純也が合わせたが大きく外れるなど、前半はシュート4本、距離感やバランスが良すぎるためにゲームを動かせないまま、オマーンのペースに付き合わされる格好で無得点のまま後半に入った。
 後半、柴崎に代えてA代表デビューとなる三苫薫を投入。突破力を生かして立ち上がりに左サイドを突破してFKを獲得。伊東がこのFKをゴール前に送ってシュートで終わるなど攻撃の勢いが生まれた。14分には南野拓実がペナルティエリア内で倒されPKか、VARのチェックが入ったが判定は変わらなかった。17分には、疲れの見えてきた南野を古橋に代え、左サイドの長友と中山雄太が交代。試合の終盤に向けて、フレッシュな選手たちの動きで一気に仕掛けた。
 36分、左サイドで奪った中山から三苫へ。三苫は左サイドを突破してゴール前にクロスを上げると、右サイドから走り込んだ伊東がDFと競いながら難しい態勢でシュート。気持ちを待望の先制点を奪った。
 日本はこのまま守り切って1-0で勝利。三苫の起用で好守が活性化した。W杯予選は来年1月27日の中国戦で再開する。

[ 前のページ ] [ 次のページ ]

このページの先頭へ

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」