スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2020年4月21日 (火)

Jリーグが新型コロナウイルス感染PCR検査にクラブハウスを提供の意向 菅官房長官も前向き

21日=WEB会見 Jリーグの村井満チェアマンが理事会後に会見を行い、20日、菅義偉官房長官と首相官邸で意見交換を行ったと明らかにした。この中で、国に対して「私たちも要望をするだけではなくて、国難と言われている新型コロナウイルスと奮闘している国に対し、何かご協力できることはないか、という視点で、(菅官房長官に)助言を頂いた」と、全国各地にあるJリーグ56クラブのクラブハウスを新型コロナウイルスのPCR検査場として提供するとした場合、ニーズはあるかを聞いたと話した。J1からJ3まで、各クラブが持つクラブハウスには、シャワースペースや、電話など事務に対応できる部屋、広い駐車場が備わっている。PCR検査を行う場所として提供した場合、活動休止中の施設を医療スタッフが使用したり、屋外駐車場に検査を受ける人のための仮設テント、プレハブの設置が可能かをイメージした。チェアマンによれば、クラブハウスの形態も、自治体など管理者が入っている場合はあり、感染の地域差、医療のニーズも異なる。この日の理事会でもそれぞれのクラブから意見を聞き、貢献では合致したが、今後、個別で話をする必要性はあるとした。菅官房長官からは「全国で一斉にということはないが、一つでも2つでも具体的なケースが出れば大変ありがたい。ニーズはある」と返答があったようだ。医療従事者へ感謝の気持ちを表す活動、マスク、ガウンなどの資源供給への寄付、手洗いや感染予防の啓蒙活動、子どもたちへの激励など、様々な取り組みがスポーツ界で広がりを見せるなか、PCR検査に場所を提供する新たな支援の形が今後、模索される。

 

[ 前のページ ] [ 次のページ ]

このページの先頭へ

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」