スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2017年8月15日 (火)

ロンドン世界陸上から帰国したアンカー藤光「世の中にも一杯いる’リザーブ’へのエールに」

15日=羽田空港 ロンドン世界陸上男子400㍍リレーで銅メダルを獲得した短距離陣、男子50㌔競歩で初の銀、銅複数メダルを手にし3人全員入賞を果たした競歩陣が帰国し空港で会見を行った。昨年のリオデジャネイロ五輪の銀メダルに続くメダルを獲得した1走・多田修平(関学大)、2走・飯塚翔太(ミズノ)、3走・桐生祥秀(東洋大)、アンカー藤光謙司(ゼンリン)が揃ってメダルとともに壇上に。昨年銀メダルのメンバーで、2走でトップに並んだ飯塚は「メダルを取れて日本の陸上の存在をアピールできた」と手応えを口にした。リオでアンカーを務めたケンブリッジ飛鳥と急きょ交代した藤光謙司(ゼンリン)は、昨年のリオでリザーブ要員で終わった悔しさが今年の現役続行、今回のメダルにつながった、とし「世の中にはボク以外にも‘リザーブ’の人は一杯いると思う。準備していればチャンスが回ってくると示せたのではないかと思う」と、ベテランらしく収穫を口にした。競歩では、昨年の同種目銅メダリストの新井広宙(自衛隊)が銀を獲得、50㌔2度目で銅を獲得した小林快(ビックカメラ)とラストになって「2人で余裕のウイニングランだな」と、ダブルメダルをほぼ手中にした安心感から小林に話しかけたところ、10秒後ろにウズベキスタンの選手が迫っているのを知らされ、慌てて加速したとエピソードを披露し笑いを誘った。今大会日本が獲得したメダルは、400リレーと競歩で3個と03年パリ大会(4個)以来14年ぶり。入賞は200㍍のサニブラウン(東京陸協)と、50㌔競歩5位の丸尾知司(愛知製鋼)2つだった。

[ 前のページ ] [ 次のページ ]

このページの先頭へ

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」