スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2024年3月 3日 (日)

東京マラソン日本人トップの西山「届かなかった41秒」・・・ペースメーカーの不安定さも高岡SDは「レースは生もの」と対応力を求める 2時間2分16秒でキプルト優勝、女子は2時間15分55秒ケべデがV 絶対王者キプチョゲ中盤の異変で10位

 今夏のパリ五輪男子代表の最後の選考会となった東京マラソンは、22年オレゴン世界選手権代表の西山雄介(29=トヨタ自動車)が自己ベストの2時間6分31秒と、日本勢トップの9位となったが、パリ五輪出場設定記録(2時間5分50秒)を突破できず、昨年のMGCで3位だった大迫傑(ナイキ)が2大会連続五輪代表に内定した。

 前世界記録保持者で、五輪2連覇のレジェンド、キプチョゲ(ケニア)、キプラガトら世界屈指の高速ランナーが揃ったレースは、スタートから15キロの通過は42分52秒、ハーフも1時間0分20秒と世界新を上回る超ハイペースで展開した。ただ、あまりの高速に3人いた先頭集団のペースメーカーは付いていけなかったのか、16キロ付近で1人が離脱、その後も1人がコースアウトし、26キロで最後の1人が棄権。設定された30キロまで行かずにペースメーカーが1人もいなくなった。
 日本記録ペースを設定していた第2集団も、前日行われたミーティングで「1㌔2分57~58秒」の情報だったが、レース序盤で早くも1㌔3分まで落ちてしまったところも。西山は「前半遅く感じたので、ハーフ(中間点)を62分ぐらいで通過してほしかった。予想外ではあった」とレース後悔しそうに明かす。日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)も「(自分は)最後まで付いていくことができなかったが、設定タイムでは行って欲しいと思った」と、レース中の不安材料を口にした。
 女子では新谷仁美が(2時間21分51秒で日本人トップの6位 )「あ、(通過タイムが遅すぎたと遠藤のコーチの指示で分かり)ヤバい、と」と表現するなどペースメーカーのばらつきに疑問の声が集まった。

 一方日本陸連の高岡寿成SD(シニアディレクター)はこの件に関して「レースは生ものなので、想定した通りに進むことはない。その中でどう対応するか。ペースメーカーがダメだったから(レースの結果も)ダメだったとはならない」とコメントした。
 ケニアでは日頃、整備された環境で練習している選手ばかりではなく、実際にオリンピックでも給水テーブルで水を取れず止まったり、一度取った(他のランナーの)ボトルの間違いに気が付き、別のテーブルに置いてしまったり、落としてしまったりといったアクシデントも多い。給水は「格闘技」と表現した選手もいる。ましてこの日は集団の人数も多かった。

 マラソンで「世界と戦う」とは、スピード、順位だけではなく
想像もつかないアクシデントとも同時に戦うものかもしれない。この日絶対王者と言われるキプチョゲが先日ケニアで交通事故死したケルビン・キプタム選手の世界記録を上回るペースで走りながら20キロ付近で突如に失速、苦しみながら2時間6分50秒の10位でゴールした姿が示すものは重かった。日本テレビの取材に「毎日がクリスマスではない」と答えていた。うまくいかない日(こと)がほとんどなのだ、それがマラソン、そういう意味だったのだろうか。

記事全文を読む

2024年2月29日 (木)

パリ五輪出場権を獲得したなでしこジャパン熊谷主将第1戦のジッダ開催について「2度とこういうことがあってはならないと伝える義務がある」とAFCなどに意見を伝える方針を示す

29日=羽田空港 28日北朝鮮とのアジア最終予選に2-1で勝利し、パリ五輪出場権を獲得したサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」で、欧州でプレーする選手たちが午前中に所属クラブへと戻るために帰国した。11年のドイツW杯優勝からチームに在籍、数々の経験を持つDF熊谷紗希キャプテン(33=ASローマ)が取材に応じ、北朝鮮戦との第1戦(日本のアウェー)が24日の試合4日前になって予定されていた北朝鮮の平壌から、とても中立地とは呼べないほど遠方のサウジアラビアのジッダに急きょ変更になった問題について、改めてAFC(アジアサッカー連盟)などに対して現場の声を上げていく考えを示した。
 AFCは、12月下旬にホームを平壌で開催すると発表した北朝鮮側に、定期便が飛んでいない点や平壌の寒さなどを考慮して中立地での開催を提案。しかし直前まで開催地が決まらず、熊谷をはじめ欧州でプレーする選手は、欧州から日本に到着した翌日に再度、カタールのドーハ経由のロングフライトでジッダまでアジア、中東を横断しなければならなかった。また、欧州の中継地から帰国せずに待機した選手もいる。

 熊谷は「選手が大きな移動を余儀なくされた。正直、あってはいけないことだと思っているし、今後のためにも、しっかりしたレギュレーションをつくるべきで2度とこういうことがあってはならないと伝える義務がある」と、キャリアゆえの責任をも示した。
 サッカー界には6万人超の選手が加入する国際プロサッカー選手会「FIFPRO」という組織があり、熊谷は選手評議会の委員にも選ばれている。選手の健康やハラスメントなどに選手が問題提起をする会合も設けられており、熊谷はこうした中から現場の声を発信していく強い気持ちで、今後、レター(文書)なのか、聞き取りで話す機会を設定していくのかを検討するという。

 選手も協会も「予選中はとにかく集中する」と批判も不満も公に口にはしなかったが、本来、五輪予選のような重要な大会には正式なレギュレーション(規則)があり、それによって運営されなくてはならない。しかし1週間を切っても開催地が決定しないなどあり得ない事態で、結果的には、アジアでもっとも遠く6時間の時差と天候の大きく異なる場所での開催となってしまった。AFCの判断でサウジアラビア協会はW杯招致を目指す点もあって、好意的に会場を提供、運営をしてくれたものの、本来、没収試合やペナルティの対象にもなる状況だった。
 「今は目の前のミッションに集中する」という、実に日本的な判断が果たして良かったのか。もしこれが男子のW杯予選だったらどうなったのか。五輪出場が叶ったからこそ、せめて経緯を明らかにする
説明は聞きたい。

記事全文を読む

2024年2月28日 (水)

「どうしても決めたいな、と・・・でもヘッディングでのゴールは(キャリアで)初めてでした」決勝点を奪った20歳の藤野が試合後、笑顔で告白

 後半31分、ショートカウンターで始まった攻撃に「なでしこジャパン」の底力がぎゅっと詰め込まれた。北朝鮮が後半21分、ジッダの初戦で日本を苦しめたメンバーを一気に投入して攻勢をかけてくる時間帯、1点を守り切るにはセーフティとはいえない。追加点は欲しいがバランスも崩したくない。そんな時間帯、なでしこが磨き続けた連動性と池田監督が「我々のここぞ、の集中力は強み」と話してきた地力が発揮された。
 1戦目では力を出しきれずに試合後悔しさを見せた長野が、早いタッチからコントロールしたスルーパスを右サイドに展開。これに清水が駆け上がると、ファーストタッチでDFの股を素早く抜く高い技術を見せてクロスをあげる。この時ゴール前には、清家、藤野、さらに後方から長谷川も勢いを付けて駆け込んできた。
 清水が、「顔をあげたら、3人入ってきているのが見えたので、(クロスを)あげれば誰かが決めてくれる、と思って思い切りいった」と試合後振り返った通り正確なボールが試合を決定付けた。
 「普段は入っていなかったスペースだったけれど、どうしても決めたかったので」と、清家の前に飛び出した藤野がジャンピングヘッドでゴールを奪って2-0とした。試合後の取材ゾーンでは「本当は貴子さん(清水が清家を)を狙っていたと思いましたが、どうしても決めたかったんで。GKが(ポジションを)移動しているのも見えていた」と冷静な狙いを解説。そして、「チームを勝たせる仕事ができたのがとても嬉しい。でもヘッディングは(キャリアで)初めてでした」と茶目っ気たっぷりに笑った。

 2戦で合計180分、移動距離はジッダと日本の往復で約2万キロ、気温差25度の厳しい五輪最終予選は前半、高橋のゴールで大きく動いた。
 この日は3バックでスタート。3バックでスタートから入った試合は昨年のW杯で、その後の親善試合アルゼンチン戦(北九州)で熊谷を中盤に挙げてアンカーとする4-3-3に。アジアの2次予選、昨年2試合を行ったブラジル遠征、ジッダでの一戦と全て4-3-3を続けてきた。そうした中、池田監督は3バックで熊谷を最終ラインに戻し、チームに安定感と安心感をもたらした。熊谷にはプレッシャーもかかったはずだが、昨年のブラジル遠征、短い時間で移動をし2試合をこなした中で1試合目の問題を2試合目に修正して勝利した経験が存分に活かされた。

2大会連続での五輪出場も、メダル獲得にはまだまだ課題は多い。「パリでは金メダルを狙っていく。まずはメンバー入りを目指して全員が競ってチーム力を高めていきたい」と熊谷は主将として強いメッセージを発した。

過酷なスケジュールをこなしながら、なでしこは常に明るく前向きに、ジッダでもポジティブさを懸命に見せて振る舞った。試合後、選手たちが控えていた通路からお互いを称賛する大きな拍手と歓声、そして「本当に良かったぁー」と安堵の声がずっと響いていた。

記事全文を読む

バックナンバー

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

カテゴリー

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」