スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2023年2月 2日 (木)

「マッチメークにかなり四苦八苦しているのは否めない」反町技術委員長 森保監督再契約後の’初陣’3月の国際試合対戦相手がいまだ決まらず

2日=オンライン 日本サッカー協会(JFA)の反町康治技術委員長(58)が技術委員会後に、オンライン取材に対応し、森保一監督(54)の再任後の「初陣」となる3月の国際親善試合対戦国について「まだ決まっていません。強豪国を探しているが、なかなか欧州は(日程的に)難しいところで、かなり四苦八苦しているところは否めない」と、3月には欧州選手権予選が行われるため欧州勢とのマッチメークが難しい状況を明かし、対戦できるとすれば南米かアジアの国に限られ、日本よりもFIFAランクが上で、W杯常連国を希望しているという。
 また、アテネ五輪でU-23日本代表監督などを務めた山本昌邦氏(64)が、この日行われた技術委員会で「ナショナルチームダイレクター」への就任が決定した。同氏は、2002年に、トルシエ日本代表監督とともにコーチとしてW杯日韓大会の16強を経験。Jリーグでは磐田の監督も務めた。
 反町委員長は「代表のコーチも経験され、代表の仕事がどういうものか熟知されている」と、豊富なキャリアを理由とあげた。20年11月まで、このポジションはロンドンのU―23代表を率いた関塚隆氏が務めていた。関塚氏の退任後は、反町技術委員長が兼務しており、今後は、代表チームの団長や、選手の招集に関する任務はナショナルチームダイレクターが行い、反町委員長はナショナルチームダイレクターの「より後ろで援護射撃していくという形になると思います」と、役割分担について説明した。

記事全文を読む

2023年2月 1日 (水)

33歳香川真司が、Jリーグ30年周年の年にC大阪に13年ぶりに復帰  

J1のセレッソ大阪は1日、日本代表としてもプレーしてきたMF香川真司(33)が完全移籍すると発表した。香川は10年7月、C大阪からドイツ1部ドルトムントに移籍しており、高校2年でプロ契約を結んだクラブに13年ぶりに復帰する。5日に加入会見が行われる予定だという。
 香川はドルトムントの主力選手としてリーグ制覇に貢献するなど、ブンデスリーグでの実績を築き上げ、日本選手が多く移籍する現在の流れの先陣を切った。その後、イングランド1部のマンチェスター・ユナイテッド、スペイン2部のサラゴサなどに移籍し、昨年からはベルギー1部のシントトロイデンでプレーしていた。
 日本代表では14年のW杯ブラジル大会、18年ロシア大会に出場。ロシア大会では初戦のコロンビア戦勝利のPKを決めた。国際Aマッチ出場は97試合で31得点で、Jリーグでは11試合、7得点をあげている。
 Jリーグが記念すべき開幕から30周年を迎える年に、数々の壁を突破してきた香川が復帰するのも巡り合わせで、楽しみな復帰となりそうだ。代表への期待も高まる。

記事全文を読む

2023年1月28日 (土)

森保監督欧州視察に出発「選手とW杯を振り返り、2026年のW杯に向けて成果と課題を選手目線で話したい」名波、前田新コーチとも強力なスタッフ体制

28日=羽田空港 サッカー日本代表の森保一監督(54)が、欧州での視察に向けて出発した。監督は「選手たちと会って、W杯の振り返りと今後に向けて選手たちと話す。また今後やるべきことの整理と、成果と課題を選手目線で話したい。2026年のW杯に向けて新たなチーム作りを始める」と、2026年W杯(米、カナダ、メキシコ)を照準にした視察の目的を説明。帰国は2月13日の予定という。この日はパリに入り、現地時間29日に行われるフランスリーグ(リーグ・アン)で伊東純也が所属するスタッド・ランス(11位)と、首位のPSGの試合を観て伊東と会う。その後はJFA(日本サッカー協会)が欧州の拠点としてオフィスを構えるデュッセルドルフへ移動し、「W杯後、一番(きちんと)話ができていない」と笑いながら、W杯カタール大会で主将を務めた吉田麻也(シャルケ)、田中碧(デュッセルドルフ)らブンデスでプレーする選手とも会うとした。これまでW杯が終了すると監督、スタッフ陣も交代するため、コンセプトの落とし込みには時間を要した。しかし監督の再契約によって、選手と個人面談するいわば「つなぎの時間」を落ち着いて取れる点は強みとなる。
 新たに就任した名波浩(50)、前田遼一(41)両コーチについて「2人ともこれまで代表が積み重ねてきたことを理解してくれている。さらに結果を出すということ、日本のためになるなら戦いたい、という意思は(交渉の段階でも)伝わった」と、監督自身が招へいを決断した背景を明かした。監督の視察中にも、コンセプトの資料や今後の日程と強化についての準備を、コーチ陣と進める。
 W杯から帰国して1か月間、監督はほぼ休みなく支援企業や関係者へのあいさつ回りや、テレビ、ラジオ出演など、忙しく過ごし、この出発前に休んだ程度だったが、「現場サイドにとって悔しい結果(8強に進出できず)だったが、皆さんにはすごくうれしい反響をもらって、喜んで頂けるのもうれしい」と、疲れた様子もなく出発した。2月13日に帰国する予定。
 

記事全文を読む

バックナンバー

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」