トップ > W杯 2010南アフリカ大会特集 > 増島みどりのW杯南アフリカ特集 > 柳沢敦インタビュー(1)

2010年5月21日 (金)
柳沢敦インタビュー(1)

生まれ変わっても、FWで

―FWの喜び 

柳沢 それはゴール。100ゴールを取ったとき、Jリーグの1点目のことを、ふと思い出しました。1ゴール目も、100ゴール目も、やっぱり同じように、こんなにうれしいものなんだな、と噛み締めた。

―それは、何点取っても変わらない?

柳沢 そうでしたね。1点で、それまで動かなかった重い足が嘘のように軽くなってしまう。それは、自分だけではなく、チーム全体がそうなる。ゴールはまるで魔法のようですね。改めてそう感じました。

Img_interview07_1 ―ではピッチで嫌なことを。

柳沢 トラップミス。

―6人のFWでも初めての回答です

柳沢 プロでやっていく上で、自分自身をよく知って、ここまでやってきたつもりです。ほかの選手のように強烈なシュートが打てるわけではないし、特別に上手いわけでもない。だからトラップをいかに正確にし、シュートを自分の体勢に持っていくか。これが、プロで生きていく上で全てでした。そこでミスをしたら、全てが終ってしまう。

―逆に、うれしいこと。

柳沢 意図が、絵になる瞬間。互いの意図を、互いが汲み取って、形にはなかったものが、パスや動きに変わって、その結果のゴールが生まれたときのそのうれしさといったら・・・言葉にできないくらい感動して、1点の喜びはまったく違った味わいになる。サッカーではよく、コミュニケーションを取れ、と言われますよね。もちろん大事なことです。でも、自分にとって本当に最高のプレーには、多分、言葉はいらない。

―FW柳沢敦とは?

柳沢 じれったいヤツ。

―笑っちゃいけませんね。

柳沢 FWらしくないFWというか、もの凄く期待しているとゴールを取れないのに、たとえば、あまり期待されていなかったのに、偉大な先輩たちに並んで100ゴールにたどりついていたり。良く言えば、いじらしい、ですか。

―FWとしての武器

柳沢 少し前までは、スピードとかタイミングと答えたと思うんですが、まぁ、そうも言っていられない歳にもなりましたしね。今はやはり、ゲームの流れの中で生きること、選手それぞれの特徴を掴んで、持ち味を最大限に活かしながら、自分もその中で生きることですね。周りとの呼吸とか、間合いとか、それを掴んでプレーをする。

―ゲン担ぎ

柳沢 全くしません。

―もし生まれ変わって、またサッカーをやるとしたら、やりたいポジション

柳沢 もう一回FW。

―MFかと。

柳沢 いや、今度は、サッカーを始めるところからFWとしてやり直してみたいですね。シュートに持って行くまでを、もっと、もっと丁寧に練習して。

―FWとしての信念は?生まれ変わっても変えませんか、やっぱり。

柳沢 ええ、次もやっぱり、頑固に行きますよ、ここは。FWにとって、ゴールだけが仕事ではない。

―では最後に、柳沢選手にとって、FWとはどういう仕事でしょう?

柳沢 難しい質問だなぁ。

―参考までに、今回の記事ですと、例えば、玉田選手は期待に応える仕事、興梠選手は天国と地獄、鄭選手は、一度やったら辞められない、麻薬のようなものだ、と表現していますね。かつてカズ(三浦知良)に話を聞いたときには、オセロ、と。

柳沢 オセロですか?

―ええ、自分の一手、つまりゴールで、白を一瞬にして黒に逆転することができる、そういう仕事だと表現していましたね。

柳沢 カズさん、さすがです。みんなの答えを聞いてしまうと余計に考え込んじゃう。

―ではインタビューの最後にまた聞きましょう。考えておいてくださいね。

柳沢 はい、そうします。

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]

鄭大世選手インタビュー


増島みどりのW杯南アフリカ特集 記事一覧
2010年7月30日 (金)
コラム「ベスト4」と16強を隔てた壁」(2)-次期監督候補の条件にもつながるもの-トピックス
2010年7月20日 (火)
「Jリーグ新チェアマンに、ラガーマンの大東和美氏が就任」理事会で鹿島社長にトピックス
2010年7月20日 (火)
コラム「ベスト4と16強の間を隔てる壁」トピックス
2010年7月14日 (水)
「ピッチという世界地図に描いた、4752本のパス」W杯初優勝を果したスペインサッカーの、真髄(2)トピックス
2010年7月14日 (水)
「ピッチという世界地図に描いた、4752本のパス」W杯初優勝を果したスペインサッカーの、真髄(1)トピックス
2010年7月 5日 (月)
「日本代表新監督の条件、カリスマ性等七か条」日本協会犬飼会長、南アから帰国トピックス
2010年6月30日 (水)
「人間万事塞翁が馬」岡田監督、別れの言葉 日本代表、帰国の途へトピックス
2010年6月30日 (水)
コラム「「選手が、監督が腹を括った36日間」―チーム崩壊の危機から、決勝Tへ―トピックス
2010年6月30日 (水)
「駒野3人目の理由、大久保、魂こもった試合ができた」駒野、本田、大久保、中澤、長谷部、岡崎、森本、長友、闘莉王、川口、川島、遠藤、サポートメンバー香川、岡田監督 コメントトピックス
2010年6月30日 (水)
「今大会初のPK戦で、日本代表パラグアイに敗退し8強入りならず」本田は3度目のマン・オブ・ザ・マッチトピックス

もっと見る

この特集について
スポーツライター増島みどりによる南アフリカW杯レポート、選手へのインタビュー。

増島みどり プロフィール
1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。著書も多く、速報サイト「ザ・スタジアム」も主宰している。

バーコード この特集は携帯サイトでもご覧いただけます。
≫モバイル版 Sports@nifty