トップ > W杯 2010南アフリカ大会特集 > 増島みどりのW杯南アフリカ特集

「Goooooooal!!」増島みどりのW杯南アフリカ特集

トピックス

2010年7月30日 (金)

コラム「ベスト4」と16強を隔てた壁」(2)-次期監督候補の条件にもつながるもの-

 「理想と現実を分けた10メートルの距離」

 アウェーW杯で初めて決勝トーナメント進出を果した日本が、パラグアイに敗れて目標の「ベスト4」を逸してから1ヶ月が経過し、現地で決勝まで視察した原博実・技術委員長らによる「大会総括」と、「日本代表の戦いと今後の展望」についてのレポートが幹部に提出されている。岡田武史監督の次期監督候補も、このレポート内容によって絞られていると、協会の小倉純二新会長は説明。原委員長が南米入りするなどして交渉しているが、その第一条件に、日本が今後目指すべきサッカーの理想像がある。次期監督に任せる日本代表の理想像は、達成できなかった目標「ベスト4」にも関連するものだ。

記事全文を読む

2010年7月20日 (火)

「Jリーグ新チェアマンに、ラガーマンの大東和美氏が就任」理事会で鹿島社長に

鬼武健二チェアマンの2期4年の任期満了、退任に伴い、Jリーグの新・チェアマンが21日の理事会で決定し、JFAハウスで会見が行われた。新チェアマンには、大東和美(おおひがし・かずみ、61)Jリーグ理事で、鹿島社長が就任。大東氏は、早大でラグビー部のフッカーとしてキャプテンも務め、日本代表にも選出されたことのある(キャップ6)エリートラガーマンで、住友金属を経て、05年4月から鹿島の専務、06年から社長として経営手腕を振るってきた。

「サッカーは門外漢です」と謙虚に話してきたが、これまで前人未踏のJリーグ3連覇を牽引するなど、クラブ経営では大きな評価を受けており、東京Vの経営問題、再建などでも手腕が注目される。チェアマンは、初代の川淵三郎氏、鈴木昌氏、鬼武氏に次いで4代目となり、着任は7月29日となる。

記事全文を読む

2010年7月20日 (火)

コラム「ベスト4と16強の間を隔てる壁」

1ケ月に渡ったW杯が終り、日本代表選手の多くが、公の場でW杯を振り返っている。「求められていること」について答えているのは当然だが、選手たちが盛んに口にする「このチームの絆は最高だった」「本当にまとまった最高のチーム」「収穫は、団結心」といった言葉を、どこか照れ臭く感じてしまうのはなぜだろう。こうしたコメントは、「私の家族は世界一」と話す無邪気にも似て、内向きで少し感傷的過ぎるように思う。

記事全文を読む

もっと見る

インタビュー

■このインタビューについて
フランスW杯に日本代表が初出場を果たした98年の岡田監督、2002年日韓大会ではトルシエ監督、06年ドイツはジーコ監督、この4年ではオシム監督、再び岡田監督とつないできた代表サッカーのスタイルには違いがあった。しかし、歓迎せざる、変わらぬ数字もある。続きを読む

柳沢敦インタビュー



■インタビューバックナンバー

前田遼一インタビュー

玉田圭司インタビュー

興梠慎三インタビュー

岡崎慎司インタビュー

大久保嘉人インタビュー

鄭 大世インタビュー

この特集について
スポーツライター増島みどりによる南アフリカW杯レポート、選手へのインタビュー。

増島みどり プロフィール
1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。著書も多く、速報サイト「ザ・スタジアム」も主宰している。

バーコード この特集は携帯サイトでもご覧いただけます。
≫モバイル版 Sports@nifty