スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2021年4月15日 (木)

体操の五輪選考会全日本選手権開幕 鉄棒に絞る内村航平「気負わず自分のために」羽生の4回転半挑戦に共感も

15日=高崎アリーナでオンライン 体操の東京オリンピック選考会を兼ねた全日本選手権が開幕した。長年の肩の痛みなどを理由に種目別の鉄棒1種目に絞って東京五輪での金メダルを狙う内村航平(32=ジョイカル)はあすの種目別トライアウトに臨む。東京オリンピックを種目別で目指す場合は、今大会のほか、5月のNHK杯と6月の全日本種目別選手権の結果を踏まえて選出される。内村は取材の中で、 「特に気負わず、準備してきたものをそのまま出きればいいかなと思う。今回ばっかりは自分のために演技したい」と、北京以来4度目、形を変えての五輪挑戦に落ち着いた様子だった。 羽生結弦(ANA)が「クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)」に挑戦するプロセスで、内村がH難度「ブレトシュナイダー」(2回転と2回ひねりを折りこむ)に成功した挑戦に「刺激を受けた」と、明かしたエピソードを受け、内村も、「五輪を連覇している同じ立場として、やっぱり得点とか、結果じゃないところに目を向けてやっている。新しいことにチャレンジする。そういうことでしか自分が満足いかない、お互いそういう性格だと思う」と、現状打破に挑む競技姿勢に共感。競技は違うが、回転技術の難易度を極めている点では、むしろ同種目を闘っているような感覚を抱くのだろうか。
2020年、欧州でも権威と伝統あるスペインのスポーツメディア「マルカ」が選出した「21世紀の偉大な男子アスリート100人」では、内村がただ1人、トップ30に入る24位で、日本人の次点は62位の羽生(北島康介が99位)と、技術の探求には世界的にも高い評価と敬意が集まる。

記事全文を読む

2021年4月14日 (水)

都と組織委員会とIOC 五輪期待の選手たち 深刻なコロナ感染状況と聖火リレー中止 それぞれが複雑にもつれる五輪100日前

14日=都庁ほか 東京都・小池百合子知事は東京オリンピック開会式まで100日前となったこの日、都庁で行われたイベントで「まん延防止等重点措置」の期間中に、新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込み、大会開催に向けて準備を進めるとの考えを示した。都庁のイベントでは、大会マスコットの「ミライトワ」「ソメイティ」の像(今後感染の状況で一般公開も検討)、また高尾山山頂には、本来なら昨年4月に展示されるはずだった五輪シンボルマーク(8月8日まで展示)のモニュメントが、1年遅れて設置されるイベントが開かれ、ともにオンラインでつなぎ同時進行した。小池氏らとイベントに出席したJOC(日本オリンピック委員会)の山下泰裕会長(63)は「世界のトップアスリートたちが最高のパフォーマンスを発揮し、競い合い、お互いの健闘を称え合って交流を深める姿は、コロナ禍で苦しい状況に置かれている人々に明るい話題を提供し、希望の光をともすと確信している」と期待。競泳の日本選手権で4冠を達成した池江璃花子(20=ルネサンス)と、一昨日、男子ゴルフのメジャー「マスターズ」をアジア人として初めて制覇した松山英樹(29=LEXUS)に「我々日本国民に大きな感動、希望、勇気を与えてくれました」と快挙に触れ、大絶賛していた。

この日は、競泳の五輪代表、瀬戸大也(26=TEAM DAIYA、萩野公介(26=ブリヂストン)、池江が代表としてオンラインでの合同取材に応じ、また、体操でも18日まで行われる五輪選考会、全日本体操個人総合選手権(高崎アリーナ)で公式練習、オンライン取材が行われた。池江は「やっと代表に戻ってこられてよかった」と柔和な表情で話し、瀬戸は昨年の五輪延期、不祥事からここまでの道のりで、4年に全力をかけた気持ちを切り替えられず、8カ月も練習をできなかったと告白。「もう一度日の丸を背負わせてもらえて有難いという気持ち」と、感謝を口にした。
また萩野は「(五輪は)何もかもが特別な大会で自分が一番好きな場所でもある」と、3度目の五輪出場に充実感を漂わせる。開催を改めて断言したIOC、まん延防止重点措置で感染の流れを止め、五輪への準備を進めると改めて明言する小池都知事、一日の感染者が4000人を突破し開催は不可能という空気が流れ、代替案を検討する時間もないまま、聖火リレー中止に追い込まれた愛媛県松山市。そして、日本にとって期待種目のトップ選手たちが五輪の目標を、感染状況と国民感情に最大限配慮するように控え目に、しかし、思いを込めて発信。五輪開会式に向かって、方向が定まらず複雑な事態を象徴するような100日前となった。

記事全文を読む

2021年4月11日 (日)

なでしこジャパン パナマに7-0 サッカー界初の国立競技場マッチで8月6日の五輪決勝へスタート

11日=国立競技場(観客4036人、天候晴れ気温21.7度、湿度26%) サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」(FIFAランキング10位)の国際親善試合2試合目のパナマ(同59位)戦は、初戦のパラグアイ戦(8日=仙台、7-0)から先発5人を変更、山下杏也加、高橋はな、9日に合流したACミラン・長谷川唯、林穂之香、籾木結花ら海外でプレーをする選手たちが入った。攻撃の軸となる岩渕真奈、菅澤優衣香も2戦連続でスタメン出場。東京五輪まで101日でもあり、サッカー日本代表では男女を通じて新しくなった国立競技場で最初の代表戦という歴史の1ページ目を刻む試合に臨んだ。
立ち上がりはパナマがフィジカルを活かし、特にゴール前では拮抗する場面もあったが、9分、岩渕がドリブルでの仕掛けからシュートを放つと、GKに阻まれたものの、こぼれ球を菅澤が押し込みネットを揺らした。2-0で迎えた前半32分には、この1試合のために30数時間をかけて合流した長谷川が定評のある技術を見せる浮かせたゴールで代表9得点目を挙げた。
長谷川は試合後フラッシュインタビューで「自分の得意の形というか、他の場面でも出していけばもっと大量得点につないだと思うので、質の所を挙げていきたい」と振り返った。前半9、42分に2得点を奪っていた菅沢は、5-0で折り返した後半11分、長谷川から左サイドでパスを受けたFW岩渕真奈(アストンビラ)の正確なクロスをゴール前中央で、頭で合わせてハットトリック。代表通算24得点とした。
高倉監督は「7点取って勝てたことは良かったと思いますけど、停滞する時間もありましたし、細かいところで判断ミスや精度の低さも目立った。そういうところを上げていかないと。守備の所はチームとしてやってきている。ポジショニングや圧力をかけていくところは良くなったと思う」と収穫と課題を挙げた。さらに、「素晴らしいスタジアムで声援も聞こえましたし、ぜひここで決勝を迎えたい強い気持ちを持ちました」と、8月6日の決勝進出をイメージした。

記事全文を読む

バックナンバー

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」