スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2017年12月 7日 (木)

サッカー日本代表初招集の土井聖真(鹿島) 7日夜から練習参加へ 清武は離脱

7日 ハリルホジッチ監督に、緊急招集を会見で明かされた土居聖真(25、しょうま)は、7日夜、日本代表の練習に合流する(都内)。初の代表招集が思わぬチャンスに回ってきただけに注目される。監督が会見で挙式情報まで明かしてしまったが、近くの日程ではなく、「北にいる」と、出身の山形で挙式準備をしているかのように話したのは誤認で、納会で北海道にいたことも判明した。脳震盪の清武は様子を見ずに離脱。ハリル体制でのケガによる離脱が不運にも相次いでいる。

記事全文を読む

2017年12月 7日 (木)

サッカー日本代表 東アジア選手権 ケガ人続出に今オフ挙式の土井(鹿島)緊急招集へ「喜びを邪魔してしまうが・・・」ハリル監督 

7日=東京プリンスホテル あす始まるサッカーE1―東アジア選手権を前にハリルホジッチ氏ら代表4監督が揃って会見を行い、6日の練習で清武弘嗣(C大阪)が脳震盪で、ドクターから全治10日の安静を言い渡されたため、このオフに挙式する鹿島FW・土居聖真を緊急招集することを監督自ら明らかにした。監督は「彼は今、北のほうにいて(山形出身)見付けようと思っています。結婚式を取り辞める必要はないが、何日間は来て欲しい。彼の喜びを邪魔してしまうけれど・・・」と、オフ突入後の緊急事態に土居への謝罪と期待をコメントに込めた。C大阪の山口蛍はケガで代表に入らず、選出された杉本健勇もケガで離脱、鹿島の西は右膝じん帯損傷で手術と、困難続きのなかで、日本は2013年以来2度目の優勝を目指す。

記事全文を読む

2017年12月 3日 (日)

日本代表ハリルホジッチ監督 一夜明け「3か国とも全く異なるサッカー (準備には)まだ7ケ月ある」代表スタッフ早くも開催会場視察へ

W杯抽選会が終わり、H組に入り、コロンビアと初戦、セネガル、ポーランドと対戦することが決まった日本代表のハリルホジッチ監督(65)がロシアを離れる前に取材に対応し改めて対戦国に対し「1試合1試合が違う(タイプ)、全く異なるサッカーをしてくる。(勝ち点計算など)まだ早い。可能な限り完璧な戦いにむけ準備をしたい。まだ7ケ月ある」と、対戦相手が決まってはやる記者をいさめるように、来年6月19日のコロンビア戦までの長期戦に備えた。日本協会はこの日、開催地の視察のために代表チームの関係者が早くも現地の視察に。フランスなど強豪が希望するカザ二ほかキャンプ地の選定も本格化する。「環境、リカバリー、移動など自分の経験も踏まえて活かしたい」と、アルジェリアを率いて決勝Tに進出した4年前のノウハウも投入する。監督は3日に帰国。今年最後の公式戦となるE1(東アジア)サッカー選手権に向けて準備に入る。

記事全文を読む

バックナンバー

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」