スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2020年7月 9日 (木)

サッカー日本代表・森保監督 A代表と五輪兼任継続もコーチ陣は新体制に「1チーム2カテゴリーでやっていく」(反町委員長)

9日=Web会見 日本サッカー協会(JFA)はオンラインでの理事会を開き、日本代表・森保一監督(51)が東京五輪男子代表監督を兼任する現体制の継続することを決めた。1年延期となった五輪には原則24歳以下の代表で臨み、これまで森保監督がA代表の活動で五輪チームを離れていた際に「代行」でチームを指揮してきた横内昭展コーチ(52)が監督に。A代表と五輪の日程が重複しない見通しとなり、来年の東京五輪事前合宿(7月)からは、森保監督が指揮を執って五輪本番に臨む。新型コロナウイルスの影響でW杯アジア予選も延期となり、来年3、6月にはW杯予選と五輪強化の活動が重なっている期間がある。森保監督はここでA代表に専念。従来通りの指導体制で2つのチームを動かせるかどうか、森保監督の兼任への負担がさらに大きくなる点、コーチ陣の任務が混乱しかねない点などを考慮し、技術委員会で議論を重ねていた。
今回は、兼任でのコーチ陣の役割分担を明確にしたもので、2年で積み重ねた両代表チームの成果や継続性はそのまま、久保建(マジョルカ)、冨安(ボローニャ)、堂安(PSV)ら主軸は2チームで重複する可能性も高い。
兼任体制では特にコーチ陣に役割分担の明確化が重要になる。下田崇GKコーチと松本良一フィジカルコーチはA代表専任となり、川口能活GKコーチ、中馬健太郎フィジカルコーチが五輪代表スタッフに加わる。また、今後A代表には新任でコーチを加える予定。
この日会見を行った反町康治技術委員長は「1チーム、2カテゴリーという考え方で活動する。A代表とU-24代表が合体して、五輪本大会に向かっていく」と説明した。

記事全文を読む

2020年7月 9日 (木)

女子プロサッカーリーグ「WE リーグ」初代’チェア’に元日本代表岡島喜久子氏就任 「サッカーを通じ日本中の女性を元気に」

9日=都内 日本サッカー協会(JFA)は来年9月に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」(ウィリーグ)の代表理事、「チェア」に岡島喜久子氏(61)が就任すると発表した。Jリーグ、bリーグでは「チェアマン」と呼ばれる役職は、「マン」と男性を前提とした呼称のためWEリーグでは「チェア」と呼ぶ。岡島氏は1958年東京都出身。早稲田大卒業後、ケミカルバンク(現JPモルガン・チェース銀行)東京支店、国際証券(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)、メリルリンチなど外資で、在外勤務も含めてキャリアを長く積んだ。かつては、現在女子日本代表「なでしこジャパン」高倉麻子監督も在籍し、女子初のサッカークラブとして活動をしたFCジンナンから日本女子代表に。1979年の日本女子サッカー連盟設立時に初代理事を務め、84年には同事務局長を歴任している。
 岡島氏はJFAを通じて「(略)日本の女子サッカーの幕開けを経験した私が、初めてのプロ化という日本の女子サッカーの新たな一歩を共に踏み出せることを嬉しく思います。WEリーグのチェアとして、実現したいことが二つあります。まず、プロのWEリーガーの姿を、サッカーをしている女の子たちの憧れの存在にすること。(略)そしてこのリーグのもう一つの役割は、リーグ名にも込められている『Women Empowerment』です。日本の女子プロスポーツが発展することは、女の子たちの夢の限界をなくす一つの象徴になると考えています。あらゆる業界で頑張っている女性たちが集う『場』としてコミュニティをつくりながら、サッカーを通じて日本中の女性が元気になるようなメッセージを発信していきたいと思います」とコメントを発表した。改めて就任会見を行う。

記事全文を読む

2020年7月 6日 (月)

JリーグNPB10日からの有観客試合「選手、関係者はここまでめちゃくちゃ努力した。次は観客の皆さんの協力を」専門家は’静かな観戦’要望 COCOA利用の推進も

6日=都内WEB会見 JリーグとNPB(日本野球機構)の「第11回 新型コロナウイルス対策連絡会議」が午前中に開催され、NPB、Jリーグとも10日から予定している有観客での試合実施の方針は政府見解の変更がない現状、変更せず観客を迎える方針を確認した。Jリーグは政府指針に従い、10日のJ2岡山-北九州戦から上限5000人(または収容人数の50%の下限)を入れて試合実施を予定する。村井満チェアマンは「政府見解に大きな変更がなければ既存の予定で準備していきたいと思います」としつつ「まだまだ予断を許さない状況。細かくしっかり対応しながら、みなさんのご協力をいただきながら進めていきたい」とした。

愛知医科大の三鴨廣繁教授は、新しい観戦方式について、「ここまで両競技で、球団、チーム、選手、スタッフ、もめちゃくちゃ努力した」と、4か月間の休止中の関係者の努力を称賛。そのうえで、「今度は観客の皆さんが、一緒に努力して下さるようお願いしたい」と要望し、賀来座長からは、①不調の場合スタジアムへは行かないように②入り口での検温チェック③ソーシャルディスタンスを保ったうえで静かな応援④接触確認アプリ「COCOA」の利用推進 を考え「試合を楽しんで欲しい」といった要望をファンに要請した。
一方、東京都内で5日までに4日連続100人を越える感染者が報告され、この日の会議ではそうした現状や、Jリーグが実施している2週間おき、3000人規模のPCR検査を保健所、自治体とどのように連携するかに加え、現在、保険適用外で自主的に行っている両団体のPCR検査について、「新たに半額ほどで実施できる抗原検査の実施も検討していけないか」といった提案もあった。

8月1日からは収容50%の有観客試合を予定するが、連絡会議の三鴨教授は「8月1日からはスタジアム、球場(の最大収容人数)半数を上限にして観客をお迎えする方針は変えないが、8月1日から半数をお迎えできるかという点については、今後の感染状況を注意深く見ていかなければいけない」と慎重な姿勢も見せた。最終判断については、政府が6日新しく発足させた分科会の方針も検討しながら7月20日に「ひとつの評価をしたい」(賀来座長)と見込んでいる。

 

記事全文を読む

バックナンバー

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」