スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2018年12月17日 (月)

バスケットボール協会 五輪開催国枠へ前進の朗報と推進協議会について悪報の記者会見 

16日=東京・文京区 来日中のFIBA(国際バスケットボール連盟)のインゴ・ワイス財務部長(55)は、14年に分裂などガバナンスを理由に資格停止とした日本協会(JBA)の経過観察(モニタリング)についての記者会見を行った。このなかで、まだ決定していない2020年東京五輪での開催国枠について、現在行われているW杯アジア予選で日本が6連勝をあげるなど強化が目に見えて好転している点を「(統一された)Bリーグの発展、指導者、審判の増加などFIBAは日本の熱意、成果に大変満足している」と評価し「日本が開催国枠で出場できることを視野に入れている」と、2019年3月29、30日、アフリカのコートジボワールで開催されるセントラルボード(FIBAの決定機関)で前向きに検討すると‘朗報‘を明かした。5人制と3人制の男女計四つの開催国枠が対象。FIBAは日本の国内リーグ分裂等を理由に、14年、日本協会を無期限資格停止処分に。重い処分に、川淵三郎氏(82=協会エグゼクティブアドバイザー)らによる「タスクフォース」が改革に尽力し15年に解除され、16年にBリーグがスタートした。「モニタリング」は2023年まで行われる。
 
 

記事全文を読む

2018年12月11日 (火)

サッカー日本代表初の「アイデンティティ」策定 誇り・責任・礼節・団結・覚悟 年間日程も発表

11日=日本サッカー協会JFAハウス(東京文京区) 12月の恒例となる各カテゴリーの日本代表2019年年間スケジュールが公表され、会見では日本代表として初の活動理念も発表された。「日本代表アイデンティティ」のキーワードは「誇り・責任・礼節・団結・覚悟」と5つのキーワードと「ステイトメント」に「日本の代表として戦う誇りを心に刻み」など文言が織り込まれたもの。今年はスポーツ界で相次いで不祥事が表面化し、アジア大会ではバスケットボール男子代表がユニホーム姿のまま買春に繁華街に出掛けるなど自覚の欠如も問題化した。サッカーはこうした問題への危機感を「日本代表アイデンティティ」で表した。森保一監督率いる日本代表は、新年早々1月5日からUAEアブダビで行われる「アジアカップ」で王者奪還にかける。また、今年は6月に行われる南米選手権に(6月14日~ブラジル)A代表のうち海外組を主戦力にして出場する。五輪代表と兼任する森保監督は「多くの学ぶべき点がある。本気の南米と戦えるのは本当に楽しみだ」と話した。「なでしこジャパン」は、6月フランスW杯(6月10日、アルゼンチン、14日スコットランド、19日イングランド)を控えており、11年優勝、15年準優勝と今大会も「東アジア選手権、アジア大会とアジアを制した自信を持って世界に臨める」と意気込を見せた。

記事全文を読む

2018年12月10日 (月)

日本体操協会、塚原夫妻の宮川へのパワハラはないと第三者委員会判定 職務停止処分解除

10日=岸記念体育館(東京渋谷区)リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江(19)の記者会見(8月29日)での発言から始まった、塚原光男副会長・千恵子強化本部長(常務理事)の「パワハラ問題」について、第三者委員会の報告書が提出され(12月6日)、9月10日から10月25日まで25名にヒアリングを行った結果を日本体操協会が臨時理事会を開いて審議した。報告書には、宮川が会見で口にした「(速見コーチと自分の)引き離し行為」は「認められない」と判定され、また宮川との面談において「(2人との面談に)五輪に出られなくなると言われた。家族もコーチも否定され、おかしくなってしまいそうだった」と話したパワハラも「配慮を欠いた点はあったが、「悪質度の高い否定的な評価に値する行為であるとまでは客観的には評価できない」(抜粋された報告書)と判定された。これに伴い塚原夫妻の職務停止処分は解除され、現職に復帰する。今後特別調査委員会を12月に設置し、今回の問題を再度検証するという。合せて7つの提言を把握するための提言事項委員会が立ちあげるとした。

 

記事全文を読む

バックナンバー

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」