スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2019年6月26日 (水)

女子W杯ラウンド16日本はオランダと1-1で後半へ 先制されるも43分長谷川のゴールで同点に

日本は前半、オランダのCKにゴール前で長身の攻撃陣のマークに集中してしまい、マルテンスをノーマークに。マルテンスが右足アウトで菅澤の股を抜く鮮やかなシュートにゴールを割られ先制を許してしまう。前半序盤には右サイドで中島が接触で右の目の下を激しく打撲し、市瀬も右肩を痛めるなど、フィジカルで勝るオランダとの厳しい戦いとなった。
オランダの勢いに押された前半、オランダの応援席からは「蛍の光」も流れる。日本は菅澤のシュート1本のみでゴールに迫れなかったが、43分、左サイドで粘り、杉田が中央の菅澤へ、菅澤は岩渕とショートパスをつなぎ、岩渕が持った瞬間、長谷川がオフサイドラインを見てからラストパスに動き、ゴール前に飛び出し落ち着いてシュート。日本はわずか2本(オランダ4本)のシュートで1-1の同点として後半へと入った。

記事全文を読む

2019年6月26日 (水)

女子W杯なでしこジャパン ベスト8かけオランダと対戦 前半17分先制許す

25日フランス・レンヌ(ルート・ド・ロリアン)午後9時=日本時間26日午前4時 サッカー女子W杯のラウンド16が行われ、FIFAランキング7位の日本は、前回15年のカナダW杯でも同じラウンドで勝利したオランダ(同ランキング8位)と対戦。先発メンバーは、4-4-2で、長谷川唯が復帰し左に、また岩渕真奈も2トップ左に入った。対戦成績は4勝3敗。オランダは欧州選手権を制覇し、今回も優勝を狙う強豪で1次リーグは3連勝で突破してきた。前半17分、オランダのCKから先制を許して序盤で失点する苦しい展開でスタートした。

記事全文を読む

2019年6月25日 (火)

なでしこジャパンノックアウトステージ初戦ベスト8かけてオランダと対戦「「臨機応変にゲームを読む力が必要」高倉麻子監督 フランスレンヌ

レンヌ(フランス)24日午後3時=日本時間午後10時 天候雨、気温22度 女子W杯フランス大会でベスト16入りし、オランダと8強をかけてレンヌで25日午後9時(日本時間26日朝4時)対戦する女子日本代表「なでしこジャパン」(FIFAランキング7位)が冒頭15分公開の前日練習を行い、スタジアムでは高倉麻子監督と清水梨紗が公式会見に臨んだ。オランダ(ランキング8位)は2018年に欧州チャンピオンとなるなど今大会も優勝候補にもあがる進境著しいチームで、前回2015年、日本が準優勝したカナダ大会でも8強をかけて対戦している(2-1で8強進出)。高倉監督と清水が会見で登壇すると、緊張のせいか清水が座席を素通りしてしまい、監督が「オイオイ、清水どこへ?」と腕を引っ張り引きとめるユーモラスなシーンに外国記者からも笑いがもれた。監督は「あすは、臨機応変にゲームを読む力が必要になる」とし、「私たちに流れているなでしこジャパンの血は大きく変わっていない」と、リオ五輪に出場できず前回W杯以来となる世界舞台に意気込みを示した。オランダとは2016年に高倉監督が就任して以降、17年のアルガルべカップで2-3、同4月の親善試合は1-0、昨年のアルガルべカップは2-6と3度対戦している。オランダ戦でA代表にデビューした清水は「(誰をマークというのではなく)全員を全員で止めたい。デビュー戦は負けたけれど嫌な印象はない」と話した。キックオフは日本時間の26日午前4時となる。

記事全文を読む

バックナンバー

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」