スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2022年6月23日 (木)

「実は球技全般苦手でして・・でももっと楽しく観られたらいいなと思う」筑波デジタルネイチャー開発研究センター・落合陽一氏と日本サッカー協会が新テーマの研究で合意

23日=日本サッカー協会JFAハウス(東京・文京区) 日本サッカー協会(JFA)は、「筑波大学デジタルネイチャー開発研究センター」と共同で、「物理再構築技術とサッカーの融合」をテーマとした研究に合意したと発表した。7月より研究を始める予定で、研究の指揮を執る同センターの落合陽一センター長(筑波大学図書館情報メディア系准教授)と日本サッカー界、また世界的にも例のない協働が、どのような変革をもたらすのか期待される。
 共同研究内容は大きく3つに分類される、と落合氏は説明。
世界一のサッカースタジアム観戦環境および新たな視聴環境の開発
デジタルデータによる自由視点の試合映像の構築、観戦/視聴におけるダイバーシティ・インクルージョンの追求
②サッカー技術や指導方法に関わるデジタル技術の開発・ヴァーチャルリアリティー(VR)やドローンなどの技術を駆使したグラスルーツ向け指導技術の構築
③日本サッカーミュージアム、日本サッカー殿堂の監修
日本サッカーミュージアムにおける展示・掲額のあり方の検討や上記研究技術の転用・検証

この日の会見で、JFAの田嶋幸三会長は、「5Gという強力な通信インフラが整備され、スポーツで得られる感動体験が広がる。まるでピッチにいるかのように、スタジアムにいなくても観客席にいるかのようにスポーツを楽しめる、また視覚情報だけでなく、その他の感覚で観戦を楽しめるようになるなど、多様な観戦体験を味わえるようにしないといけない」と目的を明言した。
 落合氏は、「実はサッカー、球技全般は苦手でして・・・ちょっとは見たりはします。見ることはできますが、もっと楽しく見ることができたらいいなとも思う。運動音痴の私がサッカーができるようになったり、楽しむことができたら、それほどいいことはないと思っている。新しいサッカーの楽しみ方を伝えられたらと。熱狂するような当事者性を持ってやっていきたい」と、新たな研究に意欲を見せた。
11月のFIFAW杯カタール2大会も視野に、何か体験できるようなもの、ディスカッションなど、大学の研究が従来発表の手段とする論文や展示以外に、発表の機会を積極的に設けていくとした。
 落合氏は、かつてテクノロジーーで「何とかしようと思った」と数年前までの姿勢を明かし、「テクノロジーマッチョで、テクノロジーで何とかしようと言っていた。しかし実際には人間力で何とかすることが多いと思った。人間とテクノロジーがもっと泥臭く一体となって解決していくことが、いろいろな場面で発見できるなら、シンプルに楽しみです」と、22人全員、違った考えや意図でプレーをするサッカーのユニークさがかえって楽しみだとした。
 研究の期限はひとまず2年で、落合氏がサッカーを観戦するか、日本代表・森保一監督とミーティングを開くなど、今後は新たな、これまでの枠組みではなかったコラボレーションがサッカーでも多く生まれる。

記事全文を読む

2022年6月15日 (水)

日本代表・森保一監督「ドイツ、スペインだけが強いのではない。かなり手強い相手になる」W杯E組2戦目がコスタリカに決定し取材で

15日=大阪市内 サッカーのW杯カタール大会(11月21日開幕)予選で大陸間プレーオフが14日にカタールのアルラヤンで行われ、北中米カリブ海4位コスタリカがオセアニア1位ニュージーランドを1―0で下し、3大会連続6度目の本大会出場を決めた。14日のキリンカップ決勝でチュニジアに0-3で敗戦して一夜明けた日本代表・森保一監督が、コスタリカが決まった組み合わせについて「タフな相手になる。ドイツとスペインだけが強いと思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、間違いなくコスタリカは強い。かなり手ごわい相手」と、プレーオフを勝ち上がった同国を警戒した。コスタリカは18年9月11日、森保監督就任後の初戦(パナスタ)で対戦し、3―0で快勝した。ニュージーランドに勝った大陸間プレーオフの映像はまだ見ていないとしたが、GKナバスをあげて「世界トップクラスの経験を持つ選手。(日本が)こじ開けていくのは本当に大変だと思う。しっかり分析してどう攻略したら良いか考えなければいけない」と、本格化する対戦相手の分析という準備にも言及した。
 6月の4連戦は12日間で4試合のスケジュールで終了。「このシリーズ、誰が出ても、誰が組んでも機能させるという非常に難しい課題を選手に与えたなかで(チュニジアの敗戦は)難しい結果になった。強度、クオリティとW杯ではこういう相手と戦う(ランキングは無関係で)んだと厳しい覚悟を持った。いい教訓にしなければならない」と、パラグアイ、ガーナに勝利し(ともに4-1)、ブラジル(0-1)、チュニジア(0-3)に敗れた4連戦を総括した。
 11月のカタールW杯に向け、欧州の選手も加わっての代表活動は国内では終わり、今後は東アジア選手権を国内の選手で戦い、9月には欧州遠征で最後のテストマッチを行うのみとなった。

記事全文を読む

2022年6月15日 (水)

吉田がPKを与えた瞬間、チームを映した光景 

 森保監督が指揮を執ってほぼ4年で50試合以上を積み重ね、W杯の日程と同じく、12日間で中3日、4試合組んだラストゲームは優勝で終えなくてはならない試合だった。国内での代表戦は、東アジア選手権E1があるものの、国内組だけで戦う予定で、欧州組が揃って試合を組めるのは9月になる。11月開催のW杯では国で通常の壮行会がないため、代表が揃ってサポーターの前で試合をできるのはこの日はいわば「壮行試合」でもあった。10日のガーナ戦(4-1)からスタメン9人を入れ替えたが、後半10分にPKで先制点を奪われ、その後、三笘薫(サンジロワーズ)、古橋亨梧(セルティック)を入れたが流れを変えられずに完封されてしまった。森保監督指揮下で3失点以上を喫したのは、19年のアジア杯(カタール1-3)、19年6月の南米選手権のチリ戦(0-4)、同11月のベネゼエラ戦(1-4)以来2年半ぶり。「いい守備からいい攻撃」と常に目指すサッカーを表現する代表にとって、PKを与えたシーンも、同31分、終了間際ともに守りが崩れた結果で、いい守備どころの話ではないだろう。
 チュニジアのカドリ監督は「この試合は大変、忍耐を要するものだった。勝つことができて良かった」と振り返り、「日本はプレーが速くて、戦略的。しかし、時間が過ぎるとスペースができる。そこを突くことを心掛けていた。もし弱点があるとすれば守備で、DFラインは難しい状況に置かれるとミスをする。DFラインの裏につけることを意識した」と、日本のウィークポイントを研究し実戦した手応えを試合後明かした。吉田はターゲットとされていたようだ。
 3失点全てに絡んだ吉田は「前半はすごくお互いに良い試合が出来た。向こうも強度が高くて、守備もかたかった。僕らもチャンスを決めきれず、後半自分たちのミスから崩れてしまった」と、前半の決定機を決めきれなかったと振り返り、「最後、不甲斐ない形で終わってしまって。W杯の前のホームで、サポーターの皆さんの前で全くいいプレーを出せなかったのは悔しい」と話した。
 また、警告をもらいDFのリズムを崩したDF長友も「ちょっとしたミスがやっぱり失点につながってしまう。そのミスを自分もチームもカバーできなかった。そこは反省したい」と話した。
 気になるのは、吉田がPKを与えてしまったシーンだった。2,3点目も連携ミスが起きた場面、吉田に対して若手の何人かが、「どうしてそんなイージーミスを!」とばかりに両手を広げて呆れたり、右手で空を切るポーズを見せていた。吉田に声をかけに行ったの同じベテラン・長友だけで、先制点1点を奪われ肩を落とし、落胆するチームを鼓舞する選手もいない。
 W杯ベスト8は、そんなに楽な試合で果たせる目標ではないはずだ。

記事全文を読む

バックナンバー

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」