スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2019年8月17日 (土)

東京テストイベント パラトライアスロン(W杯)大腸菌増加でスイムが中止に  トライアスロンならぬデュアスロンに「暑さ、コース確認でき有意義だった」谷真海

17日=お台場海浜公園(東京都港区) 20年東京五輪・パラリンピックのテストイベントを兼ねたパラトライアスロンW杯が行われ、前日16日午後1時に実施したスイムコースの水質調査で、大腸菌の値がITU(国際トライアスロン連合)の基準値の2倍に増え、ITUが定める水質基準最低レベルとなる「レベル4」に悪化したため、水泳を急きょ中止とした。大会組織委員会によれば、中止の決定は午前2時45分から行われたリスク検討会で、メディカルスタッフ、気象専門家などを交えて議論をした上で決定。午前3時37分に選手に通告をしたという。「台風で急激に増えた水量にあるのではないか」と、ITU・大塚副会長は一因をあげた。このためトライアスロンではなく、ランーバイクーランの「デュアスロン」に急変更された。本来は、スイム0・75㌔、バイク20㌔、ラン5㌔の順に実施されるが、この日はラン(2・5㌔)、バイク(20㌔)、ラン(5㌔)に。またWBGT(暑さ指数)がこの日はレース終了予定時刻の9時半では30・5に上昇すると予想され、デュアスロンへの変更となった。ITUは、コース中に涼めるスペースの設定や、給水での氷の配置、また飲み終えたカップをどこで捨ててもいいようにするなど、各部署で暑熱の特別措置を敷いた。
 こうした条件のなか、女子座位では16年リオデジャネイロ大会車いすマラソン代表の土田和歌子(八千代工業)が優勝。同立位(PTS4)の谷真海(サントリー)は2位となった。谷は、「約1年前に(五輪と)同じコースを走れて、コースの確認も雰囲気も、水質(16日に試泳しており)も確認して、暑さも確認できて有意義だった。改めて五輪に出場したいと強く思った」と、得意のスイムが中止されるなど急な当日変更を、前向きに準備の一環と捉えていた。谷は今後、9月1日、スイスでの世界選手権、翌週はスペインでのW杯と連戦して、オリンピック出場をかけたポイントを蓄積する。

記事全文を読む

2019年8月 9日 (金)

女子ヨット470級の吉田・吉岡組 東京五輪内定 身長16センチ、年齢10歳、ヨットのキャリアも10年、「格差」コンビが示すスポーツの楽しみ

セーリングの470級(ヨンナナマル級)世界選手権最終レースが9日、神奈川・江の島ヨットハーバー)で行われ、前回優勝の吉田愛(38)・吉岡美帆組(28=ともにベネッセ)が総合2位で銀メダルを獲得し、メダル獲得者で日本最高位に内定が与えられる条件を満たし、ヨットではトップバッターで2020東京五輪代表に決まった。身長177㌢のクルー吉岡と、身長161㌢のスキッパー、吉田のコンビは、前回リオデジャネイロ五輪に続くコンビでの出場(吉田は4大会連続出場)となり、メダルに届かなかったリオ5位の雪辱を期して東京での金メダルを狙う。女性のアスリートキャリア、またライフバランスの充実ぶりを示すコンビでもある。
 2人は、年齢10歳差、身長16センチ差、ヨットのキャリアも江の島を本拠地に6歳からヨットに乗っていた女子ヨット界のレジェンドともいえる吉田と、高校から始めて目立って成績も収められる大学で引退するつもりだった吉岡と、面白いほど対照的なコンビである。12年ロンドン五輪後の公開試技会で、長身ながら、ヨットでは重要な船の上でのバランス感覚を見初めた吉田がスカウト。「雲の上の人だった」と憧れた吉田の厳しい指導に、国際試合の経験を持たなかった吉岡が食らいつく格好でリオまでたどりついたものの、初五輪のプレッシャーに吉岡がのまれ、初日のレースでまさかの落水をしてしまった。そこから10歳差のコンビは再び異なる道を別々に歩んで、17年に再結成する。
 リオを最後に考えていた吉田だが、江の島で行われる東京を目指して17年に長男を出産、日本の女子トップ選手ではあまり例のない一線への復帰を目指してトレーニングを続けるなど新たな道を模索した。一方吉岡は、吉田の産休中にベネッセで社員として仕事をこなしながら、英語を学び、違うコーチ、コンビを組んで技術を磨いた。17年9月にコンビが復活すると、昨年には世界選手権で日本の女子として初めて優勝し、この日の内定第一号につなげた。「4年前にできなかったセーリングを見せたい」と、2人で4年の間に積んだ新しく、深いキャリアを吉田は持ち味につなげると笑顔を見せる。
 そういえば、全ての競技での東京五輪内定第一号は、男子シンクロ板飛び込みの寺内健(38)と坂井丞(さかい・しょう、26)のコンビだ。2人も、今回で6度目の五輪出場となるレジェンド・寺内に憧れて競技に打ち込んだ12歳下の坂井に対し、寺内は、北京五輪後一度は引退。12歳の年齢だけではなく、コンビは様々な「差」をハーモニーに変えて五輪を目指している。女子ヨット、飛び込みの2組の活躍は、日本のスポーツ界だけでなく、仕事の現場や働くチーム力にも好影響をもたらすはずだ。

記事全文を読む

2019年7月24日 (水)

東京2020オリンピック1年前セレモニー 金銀銅メダルお披露目 「これほど準備のできている五輪はかつてない」IOCバッハ会長

24日=東京国際フォーラム 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会式まで1年となった24日、トーマス・バッハIOC(国際オリンピック委員会)会長、安倍内閣総理大臣、小池百合子都知事、森喜朗組織委員会会長、またリオ五輪に続き結成される「難民選手団」を代表してテグラ・ロルーペ氏(元女子マラソン五輪ケニア代表)らが出席するなか、オリンピック1年前セレモニーが行われ、「都市鉱山」をコンセプトに携帯などのリサイクルから抽出した金銀銅で作成された五輪メダルも初披露された。セレモニー前の報告会では森氏が「バッハ会長から、準備の速さでは五輪新記録だ、とお褒めの言葉は頂いた」と、1年前にテストイベント、会場の完成などが順調だと胸を張った。組織委員会は、2014年、東京都庁の部屋を借りて400人からスタートし現在3000人の大組織に。バッハ会長も「1年前であるのに東京ほど準備のできている都市はかつて見たことがない」と持ち上げた。聖火リレーは来年3月26日、福島・広野町のJヴィレッジをスタートし約1万人のランナーで開会式へつなぐ。

記事全文を読む

バックナンバー

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」