スポーツライター増島みどりのザ・スタジアム

2021年10月24日 (日)

世界体操鉄棒 内村の完璧な着地に場内総立ち 橋本大輝は銀メダルを獲得 日本は金2、銀5、銅1

世界体操最終種目となった鉄棒では、予選を5位で通過した内村航平(32=ジョイカル)が、14.600点(Eスコア8.00点、Dスコア6.6点)で6位となった。五輪で落下した際のひねり技もしっかりと決めトラウマを払拭、場内からもH難度の「ブレッドシュナイダー」を決めた際と同じほど大きな拍手が送られた。代名詞でもある着地を完璧に止めて、3歳まで育ったルーツのある北九州のファン、海外の選手たちまでも総立ちにさせた。
 五輪でこの種目金メダルを獲得した橋本大輝(20=順大)は、前日の種目別を疲労のため欠場し万全のコンディションで臨んだ。内村の演技に場内の雰囲気を勢いに変え、ノーミスの演技を見せ、15・066点(Eスコア8.566点、Dスコア6.500点)をマーク。銀メダルとなった。内村の最終結果は6位だったが、32歳のレジェンが肩を痛め、個人総合から鉄棒に絞って新たなチャレンジを続けたこの何年かでたどり着いた「着地」は、地元北九州のファンのみならず、多くの人々の心を震わせた。今大会、男子は、橋本の個人総合、鉄棒、米倉の跳馬、南のゆか運動、萱のあん馬と5つの銀メダルを獲得。女子は、村上がゆかで金、平均台で銅、芦川が平均台で金メダルを獲得し、金メダル2、銀メダル5、銅メダル1、8つのメダル獲得で閉会した。
橋本のコメント(表彰式後のオンライン、要旨抜粋) 簡単なこと、基礎的なことができていなかったのが今大会の悔しいところ。自分の演技に集中してベストを出した。お客さんが遅くまで応援してくれたことに感謝する。これで体操に興味持って下さったらうれしい。(内村と競技できて)貴重な時間を過ごすことができた。これからの課題はまずは着地。今大会でやることが山積みのように出てきた。まずは一端整理する。パリ五輪では団体、個人総合の金メダルを狙う。

記事全文を読む

2021年10月24日 (日)

世界体操女子ゆかでは、大会前に引退を示唆した村上が、「逆転」で金メダルを獲得 「私はきょうで引退します」閉会式後場内に引退表明挨拶

女子ゆか運動では、東京五輪同種目で銅メダルを獲得した村上茉愛(まい、25=日体大クラブ)が、14.066点(Eスコア8・266点、Dスコア5.800点)で金メダルを獲得した。村上がこの種目で2017年モントリオール世界体操でも金メダルを獲得している。五輪後はなかなか疲労が抜けない状態で、気持ちも上がって来なかったという。大会前には左足首を痛めるなど決して万全の状態ではなかったが、銅メダルを獲得した東京五輪では味わえなかった有観客のアリーナで、「シリバス」をスタートに技を決めるたびに大きくなるファンの拍手をパワーに変えた。
 この日は先に演技を終えたメル二コワ(RGF)が14.00点で首位に。村上の得点は13.966点(Eスコア8.266、Dスコア5.700点)で2位だった。しかし、日本からインクワイアリー(採点への問い合わせ)が行われ、Dスコアが0.1上がって5.8点に。合計14・066とメル二コワを上回りドラマチックな金メダルとなった。村上は大会前に、今大会をひとつの区切りにしたいと引退を示唆。閉会式後、村上は場内へのあいさつで「きょうで引退します」とファンに向かって自ら現役引退を表明した。

記事全文を読む

2021年10月24日 (日)

世界体操種目別女子平均台で、芦川うららが67年ぶりの金メダル獲得 男子跳馬では米倉英信が自らの名前を冠した「ヨネクラ」を決めて銀に

24日=北九州市立総合体育館 体操の世界選手権は最終日を迎え、男女種目別決勝が行われ、女子平均台では、芦川うらら(18=静岡新聞SBS)が14・100(Dスコア5.9点、Eスコア8.2点)で金メダルを獲得した。村上茉愛(まい、25=日体クラブ)は13.733で銅メダルを獲得。
 芦川は平均台のスペシャリストで東京五輪も6位に入賞している。18日の女子予選では13・533点でこの日の決勝に進出。予選では大きくバランスを崩すなか、幅10センチの平均台の上で何とか踏ん張り、場内から大きな歓声と拍手を浴び「驚異の粘り」と話題に。決勝では、芦川の前に演技した中国選手の採点に長い時間がかかり、なかなか演技を開始できなかったが、前日から、自分が表彰式でメダルをかける姿をイメージするなど、嫌な「待ち時間」を、「ワクワク感を持てていた」と、大きなプラスに変えるタフなメンタルも勝因となった。この種目での金メダルは1954年の池田敬子氏以来67年ぶりとなった。
 芦川は表彰式後の会見で、予選で注目を集めたバランスを崩しながらも踏みとどまったシーンが「(映画の)マトリックスみたい」と、ネット上で大きな注目を浴びた様子について質問されると、「(自分で)芦川うらら、と検索すると、マトリックス、しか出てこなくて恥かしかったが、きょうの金メダルでそれを消すことができた」と首をすくめて笑っていた。
 男子跳馬では、東京オリンピックの種目別枠の代表を内村航平(ジョイカル)と争った米倉英信(24=徳洲会)が自らの名前が付いた最高難度の「ヨネクラ」(伸身カサマツ2回半ひねり)を披露、着地で踏みこたえて15・000点の高得点をマークした。2本目は「ヨー2」で14・733点とし、2本合計14・866点と、地元福岡の大舞台で、初出場ながら表彰台に上がる躍進を見せた。優勝は、朝日生命体操クラブを拠点しているフィリピンのカルロス・ユーロで14・916点だった。米倉は地元での声援に感激した様子で、「着地を狙いに行って銀を達成できた。パリ五輪の金メダルを目指して向上心を持ってやっていきたい」と、初出場の糧を早くも24年に向けていた。

記事全文を読む

バックナンバー

スポーツを読み、語り、楽しむサイト THE STADIUM

増島みどり プロフィール

1961年生まれ、学習院大からスポーツ紙記者を経て97年、フリーのスポーツライターに。サッカーW杯、夏・冬五輪など現地で取材する。
98年フランスW杯代表39人のインタビューをまとめた「6月の軌跡」(文芸春秋)でミズノスポーツライター賞受賞、「GK論」(講談社)、「彼女たちの42・195キロ」(文芸春秋)、「100年目のオリンピアンたち」(角川書店)、「中田英寿 IN HIS TIME」(光文社)、「名波浩 夢の中まで左足」(ベースボールマガジン社)等著作も多数

最新記事

スペシャルインタビュー「ロンドンで咲く-なでしこたちの挑戦」